第一線で活躍し、社会を変える「実践者」。

彼らは自らの頭で考え、行動し、社会を前進させてきた。 しかしすべてのアイデア、思想を、自らの頭の中だけでうみだしてきたわけではない。

彼らを支え、導いたのが「本」だ。 先人の思考や知恵、葛藤を吸収し、糧にしてきたからこそいまがある。

実践者たちの本棚には、どのような本が並んでいるのか?  膨大な読書体験の中から、とくに大きな影響を与えた本に迫る。

1/3

研究だけでなく、仕事や人生にも生きた読書

「生命科学」は生命の謎を明らかにして、それを活用していく学問です。私はこの生命の仕組みを学ぶことで、個人や組織の課題を解決する力が高まるという持論を唱えています。生命の仕組みに則った大局的な視点で物事を捉えると、それまで近視眼的に見ていた世界が変わり、生きやすくなるのです。

私は医師だった父の影響もあり、幼い頃から生命に関心を持っていました。ただ、病気の治療だけでなく、予防なども含めた幅広い観点から生命に携わりたいと考えて、生命科学の研究の道に進みました。

そして、大学院の博士課程在籍中に、ゲノム解析のベンチャーを起業。研究成果を生かした事業を行うことで、結果的に研究が加速し、進化するというシナジー効果をもたらす仕組みをつくりたいという思いがありました。

『遺伝子』

しかし、私の挑戦に対して「なぜ新しいことをわざわざやるのですか」と変化を望まない人たちからいろいろな反発を受け、時には苛立ち、不安を抱えることもありました。

そんな葛藤の中で生命の仕組みに思いを馳せると、すべての人が急進的な考えを持つことは人類にとって危険であり、多様な考えがあるのは当然のことだと思えました。こうした生命視点や人類視点は、研究や事業に限らず、仕事や生き方にも生かせます。

生命科学の世界は、急速に発展し続けています。今日わからないことが、明日にはわかっているかもしれない。そこには、私たちの想像を超えるような可能性が秘められています。

一方、社会に出た一般のビジネスパーソンが生命科学を学べる機会はほとんどなく、とても残念に思っています。この機会に生命科学の世界に触れ、理解を深めていただきたいですね。

高橋祥子氏

まず、生命科学の入門書として挙げたいのが、生物学者・福岡伸一先生の『生物と無生物のあいだ』『動的平衡』のシリーズです。私がプライベートで主宰している読書会でも、お薦めの書として紹介しました。生命科学に縁のなかった人でも、面白く読めると思います。

次に、生命科学の世界を網羅的に知るのに役立つのが、『遺伝子』『ゲノム編集の衝撃』『ジャンクDNA』『エピジェネティクス』です。遺伝子研究の歴史からこれまでの軌跡、今注目されている分野までを把握することができます。

さらに、人類の進化を変えてしまうほどの可能性がある革命的な技術を開発した科学者による手記『CRISPR』も読むと、ゲノム編集の最先端を知ることができます。

2/3

宗教、哲学の観点からも考察

DSC00197-m

生命科学とは少しジャンルが異なりますが、科学的な視点を養い、発想の枠を広げてくれるのが、私が尊敬し影響を受けた科学者の一人、リサ・ランドール博士の『宇宙の扉をノックする』と、仏教学者と物理学者の対話をまとめた『真理の探究』です。いずれも仕事や人生に悩んでいる人が読めば、ヒントをもたらしてくれるでしょう。

最後の1冊は『福岡伸一、西田哲学を読む』。「西田哲学」とは、京都帝国大学の教授・哲学者、西田幾多郎先生による独創的な思想体系です。京都の「哲学の道」は、西田先生が思案をめぐらせながら小径を歩いたことから、この名がつけられたといいます。

私は大学時代、哲学の道の近くに住んでいたのでよく歩いたものですが、当時の私にとっては、西田哲学は難解でした。でも、西田哲学の継承者と福岡先生の対話をまとめた本書を読んで、西田哲学の世界を初めて理解できました。

これらの推薦書を読んでいただくと、未来を想像する力がつき、今の生き方を変える契機になるかもしれません。

3/3

Book List

  福岡伸一 /著 講談社

私が生物の世界にのめり込むきっかけの1つとなった書です。「生命とは何か」「生物と無生物を分けるものは何か」という問いに、著者は「生物には時間がある」という解を示していますが、そこに至るまでの考察が、自身の幼少時代からの体験や科学者たちの研究の軌跡をたどりながら描かれています。

  福岡伸一 /著 木楽舎

生命には、変化があることを前提として、常に変化しながら平衡を取るという仕組みがあります。著者はこの法則を「動的平衡」という言葉で表現し、シリーズを通して、さまざまな角度から論じています。ビジネスパーソンには特に、組織論への応用が書かれた最新刊『動的平衡 3』がお薦めです。

  シッダールタ・ムカジー著 仲野 徹監修 田中 文訳 早川書房 

本書はいわば、世界的ベストセラー『サピエンス全史』の遺伝子版で、ビル・ゲイツも絶賛したと言われる名著です。遺伝子研究の歴史から未来までを絶賛したといわれる名著です。遺伝子研究の歴史から未来までを網羅的に把握するのに最適な書。上下巻ありますが、遺伝子に関する知識がない人でもスムーズに読めます。

  NHK「ゲノム編集」取材班編著 NHK出版

生物の設計図である遺伝子を操作する技術「ゲノム編集」。農作物の品種改良や難病の治療など多様な分野で話題となっていますが、本書ではゲノム編集がどのように生まれ、どのような原理で、今後はどんなことに応用されていくのかがまとめられています。

ネッサ・キャリー著 中山潤一訳 丸善出版

ヒトゲノムは約30億の配列から成りますが、遺伝子の働きが解明されているのは2%。残りの98%はガラクタ=ジャンクDNAとされてきました。近年、この部分がさまざまな機能を持つことが明らかになってきています。遺伝子研究の急速な発展を知ることができます。

仲野 徹著 岩波書店

エピジェネティクスとは、遺伝子の配列は変わらないものの、化学的な変化によって後天的に獲得された形質が受け継がれるという新しい概念。生命科学の分野では今最もホットな領域です。本書は一般の方にもわかりやすく、面白く読めると思います。

ジェニファー・ダウドナ、サミュエル・スターンバーグ著 櫻井祐子訳 文藝春秋 

ゲノム編集の世界を圧倒的に進化させた技術「クリスパー・キャス9」を発明したジェニファー・ダウドナ博士による手記。人類の福音とも厄災ともなり得る技術を開発した女性科学者の成功と苦悩が具体的につづられています。私自身の起業時の葛藤とも重なり、とても引き込まれました。

リサ・ランドール著 向山信治監訳 塩原通緒訳  NHK出版

私が折に触れて読み返す書です。特にお薦めしたいのが第1章。エッフェル塔をどのスケールから眺めるかを例に、選択する視野によって、見えるモノや世界が違ってくることが示されています。科学は絶対的なものというイメージを覆し、新たなモノの見方や発想力を広げてくれます。

佐々木 閑、大栗博司著 幻冬舎 

仏教学者と物理学者が世界の真理について語り合った書。両者は「人生の目的は与えられているものではなく、そもそも生きることに意味はない」という結論に至ります。それを前提に、どのように生きるのか。精神論では終わらずに、物理学的な観点からも語られている点が新鮮です。

池田善昭、福岡伸一著 明石書店

「動的平衡」を提唱する福岡伸一先生が、「西田哲学」の継承者と対話を重ね、生命科学と哲学の共通点を見いだしていきます。特に、福岡先生が本書のテーマとしている「ピュシス(自然)対ロゴス(論理)」など、相反する概念の「あいだ」を考えることが重要という点が心に響きました。

*本記事は「NewsPicks Magazine Vol.2」からの転載です。